センコー使い方|琵琶湖で10年以上1軍ワームのノウハウ公開

センコーで釣った50UP

最強ワームセンコーは、正しい使い方をすれば初心者でもデカバスを捕獲できます。

本日も50UPを捕獲!何度もデカバスを捕獲してきた実績を元に、いつ、どこで、どんな風に使うのかを水中動画を交えてご紹介します。

2019年7月5日センコーで釣った50UP

曇天、無風の朝マズメ。

放水量が150トンに落ち、クリアアップが進んだ琵琶湖は、難しい状況が続いています。

トップを投げても反応がなかったのに、センコーで待望のバイトが。

ブリブリのデカバスを捕獲できました。

どんな場所で釣れたのか、水中動画を交えてご紹介します。

琵琶湖でセンコーを使う場所

センコーは、ウィードが多い琵琶湖南湖では、様々な場所で活躍してくれます。

水面まで伸びるエビモやフサモウィードの束の横付近、ボトムに絨毯上にカナダ藻が映える場所、そういった場所でウィードに絡めて釣って下さい。

今回釣れたのは、瀬田川の沖付近に生えているエビモの束の横付近でした。

釣れた場所の水中映像をどうぞ!

この日の放水量は150m³/s。

水中映像を見るとウィードが倒れてトップと少し距離が空いていて、水質がクリアな状況が分かるかと思います。

センコーが初心者でも釣れる理由

センコーが最強ワームなのは、初心者でも釣れる事です。

なぜ初心者でも釣れるか?それは、放置しても釣れるからです。

初心者でワームの動かし方が分からなくても、センコーなら自発的に水中でアクションしてくれるので釣れます。そこがセンコーの素晴らしい所です。

どんな時にセンコーを使うべきか?

どんなルアーにも適材適所がありますが、センコーも他のルアーと組み合わせて使い分ける事で初めて、威力を発揮してくれます。ここでは、夏の琵琶湖でセンコーを使うべきシーンをご紹介しましょう。

トップで反応がない時


夏の朝、夕、風がなく曇りで蒸し暑い。

そんな条件が揃うとトップを投げたくなりますよね?その気持ち、よく分かります!

50アップが釣れた7月5日も、トップを投げる条件が揃っていたのですが、反応がありませんでした。

フォローでセンコー5インチを投入すると、10投くらいで反応がありました。

トップを投げても反応がない時は、バスが水面まで食いあげる程活性が高くない事が考えられ、少しレンジを下げて狙うのにセンコーは最適なフォローワームとして使えます。

水深2M以上の場所でウィードがひっかかる時


夏の琵琶湖は、ウィードの面積が大きくなり、ワームにウィードにひっかかっている状況では、魚が釣れる可能性が極めて低下します。

ですので、センコー以外のワームを投げていて水深2M以上の場所でウィードがひっかかるようであれば、自重があり、ウィードにひっかからないセンコーを投げましょう(ただしノーシンカー限定)

風が弱い時


ノーシンカーは風が弱い時の方が、バイトが出ます。

風が吹いてもバイトは出ますが、目立ちにくくなるので、風が吹いている時は他の狙い方をする方がおすすめです。

センコーはどんなリグで使う?

センコーだけに限らず、各ワームは様々なリグで使う事ができますが、センコーの場合は、ノーシンカーが最もおすすめです。

ノーシンカー以外にもジグヘッドワッキーもおすすめなので、どんな場所で使うかという情報と併せてご紹介します。

ノーシンカーリグ


最もおすすめ、釣れるのはオフセットでのノーシンカーリグです。

琵琶湖南湖で使う場合、ノーシンカーだけ使い方を覚えればよい程実績があります。

オフセットのサイズは、フォールアクションを活かしたい場合、ハチマキより小さいサイズを選び、フッキング重視ならハチマキより少し大きいサイズが良いです。

ジグヘッドワッキーリグ


橋桁のストラクチャーを縦の動きで攻めたいような場合、センコーをジグヘッドワッキーで使うのがおすすめです。

特に水深が5Mを超える場合等、水深が深い場合は、ノーシンカーでなくてジグヘッドワッキーにした方が効率がいいです。

センコーのサイズは何を選べばいい?


レンジで使い分けるのが良いでしょう。

  • 水深2〜3Mは4インチ
  • 水深3〜4Mは5インチ
  • 水深4M〜6Mは6インチ

というのを一つの目安にして大きさを使い分けて下さい。

センコーの動かし方

センコーは基本、キャストしてフォールさせて放置や、ワームをロッドでほぐす。

の繰り返しでオッケーです。

最もバイトが出るのは、ファーストフォールで、次にバイトが出るのはボトムステイ中の放置です。

気をつけるのは、フォール中、ステイ中にラインを張らない事です。

ラインを張っていたら、バスが口を使っても離してしまいます。バイトする瞬間は分からなくていいので、放置後、糸ふけを取る時にバイトがあるかを確認する事を心がけて下さい。

まとめ

ウィードレイクである琵琶湖南湖において、センコー(特にノーシンカー)での釣りは10年以上も釣れ続けている一軍ワームです。

皆さんも、センコーの使い方をマスターして、ぜひ琵琶湖でデカバスを捕獲して下さいね。

ポイントの様子を魚探、360度水中カメラで確実に把握し、朝一番に誰もいない状態でデカバスがいるスポットにルアーを投入できる、ゼファーボート、水中カメラ、エレキ、魚探つきフローターフィッシングはいかがでしょうか。ご予約お待ちしています。

                                   2018年デカバス捕獲実績7割