緊急速報!ゼファーボートが復活しました

頑丈で高品質、程よい大きさ、エレキカスタマイズもできる、ゼファーボートが提供していたフローターは、2018年7月にゼファーボートが廃業して以来、店舗、通販含めて、どこでも手に入らなくなりました。

釣り人の間では、突然の廃業に驚きを隠せずショックを受けていた人は多かったと思います。

そんな中、ゼファーボートで働いていたスタッフが新会社を設立し、2019年2月よりフローター、ゴムボートの販売を開始する事が決定。

新たな社名は「バイソンウェーブ」、釣り人にとってこれ以上ない嬉しいニュースですよね!!

ゼファーボートと同一規格で商品提供できます!

製造者、工場は全て変わりません

会社が変わるという事で、何が変わるの?

不安はあるかと思いますが、ご安心下さい。

製造者、工場は一切変更がありませんので、これまでのゼファーボートと同一規格の商品が提供できます。

バイソンウェーブフローターで釣ったデカバス

バイソンウェーブのフローターで、琵琶湖等のビックレイクでも安心して、デカバスを釣る事が可能です。

社名、ブランド名のみが変更

体制変更に伴い、社名、ブランド名が変わっています。

それに伴い、ロゴも変更になっています。
バイソンウェーブロゴ

これまでのゼファーボートのロゴと似てますよね?

それもそのはず。

デザインした人が同じだからです。

次にフローターをご覧下さい。

ロゴがゼファーボートではなく、バイソンウェーブに変わっているだけで、あとは全てゼファーボートと同一規格です。この画像が見れるのは本当に嬉しいー♪♪
BW158VH−T ウッドカモブラック

ロゴ、フローターを見てもらってご理解いただけたと思いますが、これまでのゼファーボートクオリティが変わることなく、商品を提供できる体制が整っていますのでご安心下さい!

バイソンウェーブのフローターは店舗、通販すべての経路で入手困難です

新たな会社に変更していますので、安定供給には時間がかかり、本格的に商品が提供できるのは、2019年9月以降になる予定です。

2019年5月現在、釣具屋等の店舗に足を運んでも、バイソンウェーブの商品は店頭には並んでおらず、購入する事はできません。

そこで、少しでも早く購入したいという方のために、この度、バイソンウェーブの通販サイトを立上げました!

現在ご購入できる商品はこちらです。

BW158VH−T ウッドカモブラック(新色)
BW158VH−T オリーブグリーン
BW158VH−T レッドブラック
BW145H−T ダークネイビー
BW123C−T オリーブグリーン

バイソンウェーブのオプションパーツが通販で手に入るように

フローター本体ではなく、これまでのゼファーボートのオプションパーツが購入したいという釣り人も多いハズ。

そこで、このバイソンウェーブ通販サイトでは、オプションパーツも取扱を行います。

現在、取扱している商品はコチラです。

エアーバルブキャップ(ブラック)

高圧フットポンプ用ホース

接着剤(100g)

リペアキット

他の商品も、バイソンウェーブに確認し在庫があれば購入できますので、お問合せお願いします。

【重要】バイソンウェーブ通販サイトの注意点

現在は、予約受注という状況で、全ての商品において納期は4月8日以降になります。

バイソンウェーブフローター本体は、19年5月現在わずかに販売していますが在庫残り僅かとなっており、売切の場合は9月以降の納品になります(無料キャンセル可能)

フローター本体、オプションパーツ、全ての商品について生産できる量はごくわずかですので、購入希望の方はお急ぎ下さい。

琵琶湖フローターガイド限定!特別プラン

ゼファーボート改めバイソンウェーブ各商品販売開始を記念に、この度、通販サイトでは提供できない特別プランをご用意しました。

フローターガイド3,000円割引&現地手渡しできます

フローターに興味があっても、商品が高額で迷う、どこでどう使ったらいいか分からない。

色んな不安があるかと思います。

そんな方は一度、琵琶湖フローターガイドをご利用下さい。

通常3時間13,000円を10,000円でご提供いたします

通販サイトでは提供できない、唯一のサービスをぜひご利用下さい!

日本一フローター知識のあるガイドのアドバイスが聞けます

・乗っているだけで楽しい
・ボート営業時間外に、おかっぱりでは狙えない場所でデカバスが狙える
・琵琶湖との一体感が味わえる
・フローターごと持って行かれるのでフッキング後のやりとりが大興奮
・ゴムボートよりはるかに安全(立てないので)

日本一、琵琶湖でフローターに乗って釣りをしている私が、間違いなくオススメできるのがバイソンウェーブフローターでの釣りです。

フローターとゴムボート、カヤック、フロートボート等との比較、メリットやデメリットを知りたい方は、バイソンウェーブフローターと他乗り物との比較ページをご参考下さい。

その魅力やデカバスの釣り方を水中ドローンと魚探(ローランス、ハミンバード)を通じてたっぷりお伝えします。

こんな感じでデカバスがたくさんいるポイントにご案内いたします。

バイソンウェーブのフローターなら、琵琶湖でも安心に釣りができるので、ボート営業時間外に琵琶湖を独り占めしながら釣りが可能です。

バイソンウェーブフローターエレキ化にも対応します

バイソンウェーブフローターは、カスタマイズしないと、エレキ化ができませんが、エレキ化をするための具体的なアドバイスや、別途費用(工賃25,000円)をいただければ、エレキ化のカスタマイズもこちらで対応いたします。

バイソンウェーブフローター、メタルバイブで釣った50オーバー

もちろん、最初からエレキ化カスタマイズをした状態で、フローターをお渡しする事もできます。

エレキカスタマイズについてのお問合せは以下よりお願いします。

また、フローターで使える最大サイズのエレキは55ポンドなのですが、モーターガイド55ポンドのエレキだと70,000円以上必要ですが、29,800円で購入できるおすすめの55ポンドエレキがあり、そちらのエレキを事前に購入してお渡しもできます。

もちろん、アフターフォローもしっかりいたしますし、皆さんが少しでも楽しく、安全に釣りに行って、デカバスをゲットしてもらえるようサポートいたしますので、ご購入よろしくお願いいたします。

琵琶湖フローターガイド代表北村

フローター釣りに最適!他では手に入らない魚探不要、携帯琵琶湖の水深変化が見れる水中マップはコチラ

浚渫画像マップ一部